[ 記号説明 ]
facebook


※※※ このサイトに掲載されている情報を、他のサイトに転載される場合は、このサイトのトップページへのリンクと情報提供者一覧へのリンクを転載してください。また、ウェブサイト以外の出版物に転載される場合、サイト名『プロレス選手権変遷史』とURL(http://www.wrestling-titles.com/)を記載してください。※※※

ホーム > WWE (1963 - )

[ English ]


WWWF ワールドワイド・レスリング・フェデレーション ( 1963/01/25 - 1979/03/29 )
WWF ワールド・レスリング・フェデレーション ( 1979/03/29 - 2002/05/05 )
WWE ワールド・レスリング・エンターテイメント ( 2002/05/05 -   )

プロモーター: ビンセント・ジェームス・マクマホン (1935 - 1982) & トゥーツ・モント (1953/01 - 1969)
ビンセント・ケネディ・マクマホン (1982 - )

WWWF/WWF会長: ウイリー・ギルゼンバーグ (1963 - 1978)
新間 寿 (1978 - 1984)
ジャック・タニー (1984 - 1995)
ゴリラ・モンスーン (1995 - 1997)
リンダ・マクマホン (- 2000/05)

  1963年、当時NWA世界ヘビー級王者だったバディ・ロジャースのブッキングをほぼ独占していた米国北東部CWC(キャピタル・レスリング・コーポレーション)のプロモーター、トゥーツ・モント(ニューヨーク)とビンス・マクマホン・シニア(ワシントンDC)は、他の会員プロモーター達への世界王者ブッキングを要請し続けるNWAから脱退、「リオデジャネイロのトーナメントで優勝した」という発表のもとロジャースを初代王者とし、WWWFを発足した。実際は、AWA同様、独自の世界王座を認定したがっていたCWCによるWWWF発足を、独禁法対策という目的も含めてNWAが容認。公式にはWWWFが1971年にNWA再加盟したということになっているが、それまでもマクマホンらはNWA年次総会に出席し続けていた。
  新日本プロレスUWAと業務提携し、WWWF王座が日本やメキシコで防衛されたり、アントニオ猪木藤波辰己(現・辰爾)らの日本人選手のニューヨーク参戦やWWF認定選手権奪取にも繋がった。
  1979年3月にWWFに改称。1980年には、1971年から実況を担当していたビンス・マクマホン・ジュニアがタイタン・スポーツを設立し、1982年に父親からCWCを買収、WWFの権利を手に入れた。同年末、興行不振のロサンゼルス地区をマイク・ラベールから買収し西海岸進出(表面上は引き続きラベールがプロモーター)、1983年にはNWAからも再度脱退し、全米侵攻を開始。
  WWFとライバル団体ジム・クロケット・プロモーションズ(NWA系、88年テッド・ターナーが買収しWCWを発足)のテリトリー拡大により、80年代にはアメリカとカナダの多くのテリトリーが閉鎖に追い込まれる。老舗のAWAも91年に閉鎖し、2001年にはWWFがWCWの登録商標などの権利を買収し、全米規模で活動する唯一の団体となる。
  2002年、『RAW』と『スマックダウン』の二つのブランドへの分割化の翌月、世界自然保護基金(World Wide Fund for Nature)に、同一イニシャルの使用について敗訴し、WWE(ワールド・レスリング・エンターテイメント)へ余儀なく名称変更。


世界選手権







 



選手育成団体


関連記事


関連リンク



NYProWrestling.com









MADISON SQUARE GARDEN

ArisuWeb.com - discount domain names