※※※ このサイトに掲載されている情報を、他のサイトに転載される場合は、このサイトのトップページへのリンクと情報提供者一覧へのリンクを転載してください。また、ウェブサイト以外の出版物に転載される場合、サイト名『プロレス選手権変遷史』とURL(http://www.wrestling-titles.com/)を記載してください。※※※

ホーム > NWA (アライアンス) >

[ 記号説明 ] [ 州略号 ]


ナショナル・レスリング・アライアンス
世界ヘビー級選手権
(2014/06/02現在)

[ English ]

  かつてNWAが公式発表していた王座変遷史では、フランク・ゴッチを初代王者とし、NWA(アライアンス)発足時点での世界王者オービル・ブラウンの名が省かれているなど、誤報が多かった。このページには、1940年代にNWA初代会長ピンキー・ジョージがアイオワ州デモインで最初に認定し、2002年5月から2007年5月までTNA(トータル・ノンストップ・アクション)が管理していた、NWA(アライアンス)世界ヘビー級王座の歴代王者のみを掲載。その他の世界王座に関しては統一世界ヘビー級選手権を参照。

オービル・ブラウン # 1940/07<
カンザスシティ版MWA世界王者。IA州デモインで、後に初代NWA会長となるピンキー・ジョージから世界王者として認定される。45/07/12、IA州デモインでNWA(アソシエーション)王者ビル・ロンソンにダブルタイトル戦で敗れるまでMWA王者として同地区で防衛。47年11月にサニー・マイヤーズに敗れた時点で、それまで7年間NWA王座を保持していたと言われる。
エド・ヴィラグ 1943/05/09<
ウィチタ版NWA(アライアンス)世界王者。IA州ウォータールーの新聞では、ミネアポリスとフィラデルフィアで行われたトーナメントで、それぞれオービル・ブラウンとビル・ロンソンを破って王座獲得と発表。43年5月~8月の間IA州でNWA(アライアンス)王者として認定。
ビル・ロンソン # 1943/08 MO州セントルイス *
43/09/01のIA州デモインで行われた試合のパンフレットにて、セントルイスでヴィラグを破り王座奪取と発表。その後IA州で防衛戦を行わないため、王座剥奪。
レイ・スティール 1943/11/03
授与。
デーヴ・レビン 1944/05/10 IA州デモイン
44/05/04、KS州カンザスシティでオービル・ブラウンを破りカンザスシティ版MWA世界王座奪取。44/06/29、カンザスシティでリー・ウィッコフに同王座を奪われる(ウィッコフはIA州でNWA王者に認定されていた可能性あり)。
オービル・ブラウン 1944/07/06<
IA州の地元紙で、最近KS州トピーカでエド・ヴィラグから王座奪取したと発表される。44/08/16、KS州カンザスシティでウィッコフを破りカンザスシティ版MWA世界王座も奪取。46/03/04以前にIA州デモインでNWA(アライアンス)世界王者として認定。46/11/16にはKS州ウィチタで、実際にヴィラグを王座統一戦で破る。
サニー・マイヤース 1947/11/03 IA州デモイン
オービル・ブラウン [2] 1948/01/05 IA州デモイン
48月7日、IA州ウォータールーでピンキー・ジョージは5人の中西部のプロモーターと共に現在のナショナル・レスリング・アライアンスを発足、カンザスシティ版MWA世界王座も保持していたブラウンを改めて世界王者に認定。
ルー・テーズ 1949/11/27
以下の各世界王座奪取により統一世界ヘビー級王者となる:
  • 48/07/20、IN州インディアナポリスでビル・ロンソンを破りNWA(アソシエーション)世界王座奪取
  • 49/11/25、NWA(アソシエーション)世界王者テーズとNWA(アライアンス)世界王者ブラウンとの間で統一戦が予定されいたが、ブラウンが49/11/01に交通事故のため負傷、49/11/27、テーズが統一王者に認定。
  • 50/07/27、IL州シカゴでボストン版AWA世界王者ゴージャス・ジョージを相手にNWA王座防衛(AWA王座の移動はなし)。
  • 52/05/21、ロサンゼルスでバロン・ミッシェル・リオーニを破りオリンピック・オーディトリアム版世界王座を統一。
レオ・ノメリーニ # 1955/03/22 CA州サンフランシスコ
三本勝負の二本目をリングアウト、三本目を反則で勝利。カリフォルニア体育協会は、反則での王座移動を認めるが、テーズとノメリーニは両方とも王座防衛を続ける。
ルー・テーズ # 1955/07/15? MO州セントルイス
再戦でノメリーニに勝利。
ホイッパー・ビリー・ワトソン 1956/03/15 ON州トロント
ルー・テーズ [2] 1956/11/09 MO州セントルイス
エドワード・カーペンティア # 1957/06/14 IL州シカゴ
テーズの負傷による試合放棄で王座奪取、NWAからも正式に認定される。57/07/24、QC州モントリオールでテーズに反則負けするが、引き続きNWAからは認定される。
ルー・テーズ # 1957/08/25
カーペンティアのマネージャーでもあるモントリオール地区プロモーター、エディ・クインのNWA脱退により、NWAはIL州シカゴでの王座奪取も無効にする。カーペンティアはロサンゼルスやネブラスカ州オマハなどで引き続き王者に認定。
ディック・ハットン 1957/11/14 ON州トロント
パット・オコーナー 1959/01/09 MO州セントルイス
バディ・ロジャース 1961/06/30 IL州シカゴ
ボボ・ブラジル # 1962/08/18 NJ州ニューアーク
試合に勝利するが、ロジャースが急所の負傷を訴えたことにより、王座を拒否。後62/09/06、医者の判断によりロジャースの偽証が発覚したため、(北東部地区で)王者に認定される。
バディ・ロジャース # 1962/10/30 OH州トレド
62/11/21、QC州モントリオールでキラー・コワルスキーが、一本目でのロジャースの足首負傷により勝利、テキサスを含む数箇所で王者に認定。 コワルスキーは63/01/21ニューヨークでロジャースに敗れるが、ノンタイトル戦だと主張。
ルー・テーズ [3] 1963/01/24 ON州トロント
北東部のプロモーター達はテーズの一本勝負での勝利による王座移動を認めず、ロジャースを初代世界王者にWWWFを結成。テーズは63/02/07、ON州トロントにて三本勝負でロジャースに勝利。63/02/01にはTX州ヒューストンでコワルスキーにも勝利。64/09/07、OH州コロンバスでカール・クラウザーを破りAWA(アライアンス)世界王座を統一。
ジーン・キニスキー 1966/01/07 MO州セントルイス
ドリー・ファンク・ジュニア 1969/02/11 FL州タンパ
ハーリー・レイス 1973/05/24 カンザスシティ
ジャック・ブリスコ 1973/07/20 TX州ヒューストン
ジャイアント馬場 1974/12/02 鹿児島
ジャック・ブリスコ [2] 1974/12/09 豊橋
テリー・ファンク 1975/12/10 FL州マイアミ
ハーリー・レイス [2] 1977/02/06 ON州トロント
ダスティ・ローデス 1979/08/21 FL州タンパ
ハーリー・レイス [3] 1979/08/26 FL州オーランド
ジャイアント馬場 [2] 1979/10/31 名古屋
ハーリー・レイス [4] 1979/11/07 尼崎
ジャイアント馬場 [3] 1980/09/04 佐賀
ハーリー・レイス [5] 1980/09/09 大津
トミー・リッチ 1981/04/27 GA州オーガスタ
ハーリー・レイス [6] 1981/05/01 GA州ゲインズビル
ダスティ・ローデス [2] 1981/06/21 GA州アトランタ
リック・フレアー 1981/09/17 カンザスシティ
82年頃ドミニカ共和国で、観客の暴動を避けるため、フレアーは試合中自ら挑戦者ジャック・ベネノにフォール勝ちを修めさせる。ベルトは後にフレアーに返還。83/02/09、FL州タンパで覆面レスラー、ミッドナイト・ライダーがフレアーを破るが、NWA会長ボブ・ガイゲルに正体を明かすように命じられ、それを拒否、即ベルト返上したため王座移動は無効(正体はダスティ・ローデス)。
カルロス・コロン # 1983/01/06 PRサンファン
リック・フレアー # 1983/01/23<
ハーリー・レイス [7] 1983/06/10 MO州セントルイス
リック・フレアー [2] 1983/11/24 NC州グリーンズボロ
ハーリー・レイス # 1984/03/21 ウェリントン (ニュージーランド)
試合後フレアーはレフリーによる素早いカウントを主張。
リック・フレアー # 1984/03/22
NWAにより再度認定。84/03/23にはゲイラン (シンガポール)でレイスを破り防衛。85/10/21、東京でAWA世界王者リック・マーテルとのダブルタイトルマッチで引き分け。
ケリー・フォン・エリック 1984/05/06 TX州アーヴィング
リック・フレアー [3] 1984/05/24 横須賀
ダスティ・ローデス [3] 1986/07/26 NC州グリーンズボロ
リック・フレアー [4] 1986/08/09 MO州セントルイス
ロニー・ガービン 1987/09/25 MI州デトロイト
リック・フレアー [5] 1987/11/26 IL州シカゴ
リッキー・スティームボート 1989/02/20 IL州シカゴ
リック・フレアー [6] 1989/05/07 TN州ナッシュビル
スティング 1990/07/07 MD州ボルティモア
91年12月頃からWCW世界王座としても認定される。
リック・フレアー [7] 1991/01/11 NJ州イースト・ラザーフォード
藤波辰爾 1991/03/21 東京
リック・フレアー [8] 1991/05/19 FL州セントピーターズバーグ
フレアーがWCWより解雇、WCW世界王座剥奪の後、91/09/08にWWFに移籍、NWA世界選手権も剥奪される。
蝶野正洋 1992/08/12 東京
トーナメント決勝でリック・ルードを破る。
グレート・ムタ 1993/01/04 東京
バリー・ウィンダム 1993/02/21 NC州アッシュビル
リック・フレアー [9] 1993/07/18 MS州バイロクシー
WCWによるNWA脱退のため93年9月王座剥奪。
シェーン・ダグラス 1994/08/27 PA州フィラデルフィア
トーナメント決勝でトゥー・コールド・スコーピオを破るが、王座を拒否、自らECW世界王者を名乗る。
クリス・キャンディド 1994/11/19 NJ州チェリーヒル
トーナメント決勝でトレイシー・スマザースを破る。
ダン・スバーン 1995/02/24 Ky州アーランジャー
小川直也 1999/03/14 横浜
ゲリー・スティール 1999/09/25 NC州シャーロット
3ウェイ戦で小川とブライアン・アンソニーに勝利。
小川直也 [2] 1999/10/02 CT州トマストン
2000年7月2日返上。
マイク・ラパダ 2000/09/19 FL州タンパ
8人参加トーナメント決勝でジェリー・フリンを破る。
サブゥー 2000/11/14 FL州タンパ
マイク・ラパダ [2] 2000/12/22 TN州ナッシュビル
スティーブ・コリノ 2001/04/24 FL州タンパ
01/10/13 FL州セントピーターズバーグでの橋本真也との防衛戦でコリノが負傷放棄のため王座預かり。
橋本真也 2001/12/15 PA州マキスポート
巴戦でコリノとゲリー・スティールに勝利。
ダン・スバーン [2] 2002/03/09 東京
レフリーによる素早いカウントで王座獲得。02/06/19のALハンツビルにおける防衛戦に出場不可のため、02/05/28付でNWA理事会から王座剥奪(実際には、TNAが第一回PPV放送で王座決定トーナメント開催を希望したため)。
ケン・シャムロック 2002/06/19 AL州ハンツビル
バトルロイヤルで二人が残り、王座決定シングル戦でマーリスを破る。以降、TNAが王座を管理。
ロン・キリングス 2002/08/07 TN州ナッシュビル
ジェフ・ジャレット 2002/11/20 TN州ナッシュビル
03/05/25、ニュージーランドのオークランドでスティングを破りWWA (World Wrestling All-Stars)世界ヘビー級王座を統一。
A・J・スタイルス 2003/06/11 TN州ナッシュビル
ジェフ・ジャレット [2] 2003/10/22 TN州ナッシュビル
A・J・スタイルス [2] 2004/04/21 TN州ナッシュビル
ロン・キリングス [2] 2004/05/19 TN州ナッシュビル
4ウェイマッチでスタイルス、クリス・ハリス、レイヴェンに勝利。
ジェフ・ジャレット [3] 2004/06/02 TN州ナッシュビル
A・J・スタイルス [3] 2005/05/15 FL州オーランド
レイヴェン 2005/06/19 FL州オーランド
『King of the Mountain』マッチで、スタイルス、ショーン・ウォルトマン、モンティ・ブラウン、アビースに勝利。
ジェフ・ジャレット [4] 2005/09/15 ON州オールドキャッスル
ライノ 2005/10/23 FL州オーランド
ジェフ・ジャレット [5] 2005/10/25 FL州オーランド
クリスチャン・ケージ 2006/02/12 FL州オーランド
ジェフ・ジャレット [6] 2006/06/18 FL州オーランド
『King of the Mountain』マッチで、ケージ、スティング、アビース、ロン・キリングスに勝利。
スティング [2] 2006/10/22 MI州プリモス
アビース 2006/11/19 FL州オーランド
反則勝ち。
クリスチャン・ケージ [2] 2007/01/14 FL州オーランド
スティングとの3ウェイマッチに勝利。07/05/13、NWAとTNAの提携終了のためNWAから王座剥奪。
アダム・ピアース 2007/09/01 PRバヤモン
07/06/02より全米各地で開催された16人参加トーナメント準決勝でブライアン・ダニエルソンに敗れるが、ダニエルソン負傷のため、決勝でブレント・オブライトと対戦し勝利。
ブレント・オブライト 2008/08/02 NY州ニューヨーク
アダム・ピアース [2] 2008/09/20 PA州フィラデルフィア
ブルー・デーモン・ジュニア 2008/10/25 メキシコシティ (メキシコ)
アダム・ピアース [3] 2010/03/14 NC州シャーロット
3ウェイマッチで、デーモンとフィル・シャッターに勝利。
コルト・カバナ 2011/03/06 CA州ハリウッド
ザ・シーク (ジョセフ・カビッボ) 2011/04/23 FL州ジャクソンビル
11/07/03には東京で崔領二をダブルタイトル戦で破り、AWA世界王座も奪取。11/07/11、07/31にOH州コロンバスで予定されていたアダム・ピアースとの防衛線をボイコットしたという理由で王座剥奪。
アダム・ピアース [4] 2011/07/31 OH州コロンバス
4ウェイ戦で北米王者ショーン・テンパースとナショナル王者チャンス・プロフェット、ジミー・レイヴを破る。
コルト・カバナ [2] 2012/04/08 CA州グレンデール
アダム・ピアース [5] 2012/07/21 KS州カンザスシティ
12/10/27、バービック(オーストラリア)でのコルト・カバナとのノンタイトル戦に破れた後、王座返上。
カハガス 2012/11/02 NJ州クレイトン
9人参加イリミネーション戦決勝でダミエン・ウェインを破る。
ロブ・コンウェイ 2013/03/16 TX州サンアントニオ
負傷したジャックス・デインの代わりに出場、王座奪取。
小島 聡 2014/01/04 東京
ロブ・コンウェイ [2] 2014/06/02 NV州ラスベガス


NWA世界ヘビー級選手権防衛戦記録
(英語)



ArisuWeb.com - discount domain names

 


情報提供者の皆様 にお礼申し上げます。

Copyright © 2003-2012 Puroresu Dojo. Privacy Policy

Site hosted by Arisu Communications.