※※※ このサイトに掲載されている情報を、他のサイトに転載される場合は、このサイトのトップページへのリンクと情報提供者一覧へのリンクを転載してください。また、ウェブサイト以外の出版物に転載される場合、サイト名『プロレス選手権変遷史』とURL(http://www.wrestling-titles.com/)を記載してください。※※※

ホーム > WWE >

[ 記号説明 ] [ 州略号 ]


WWE世界ヘビー級選手権
(2014/08/17現在)



WWWF 世界ヘビー級王座 ( 1963/04 - 1971 )
ヘビー級王座 ( 1971 - 1979/03 )
WWF ヘビー級王座 ( 1979/03 - 1983 )
世界ヘビー級王座 ( 1983 - 2002/05 )
WWE王座 ( 2002/05 - 2013/12 )
WWE世界ヘビー級王座 ( 2013/12 - )

[ English ]

バディ・ロジャース 1963/01
63/01/24、ON州トロントで、ルー・テーズがロジャースからNWA世界王座奪取。北東部のプロモーター達は、一本勝負での勝利による王座移動を認めず、ロジャースを初代世界王者にWWWFを結成。WWWFは、ロジャースが同年3月にリオデジャネイロ (ブラジル)で行われたトーナメント決勝で アントニーノ・ロッカを破り王座奪取したと発表。
ブルーノ・サンマルティノ 1963/05/17 NY州ニューヨーク
イワン・コロフ 1971/01/18 NY州ニューヨーク
ペドロ・モラレス 1971/02/08 NY州ニューヨーク
1971年、WWWFのNWA再加盟のため、世界王座からローカル王座に降格。
スタン・スタージャック 1973/12/01 PA州フィラデルフィア
ブルーノ・サンマルティノ [2] 1973/12/10 NY州ニューヨーク
ビリー・グラハム 1977/04/30 MD州ボルティモア
ボブ・バックランド 1978/02/20 NY州ニューヨーク
79/03、WWF王座に改称。79/03/25、ON州トロントでAWA王者ニック・ボックウィンクルとのダブルタイトルマッチで両者リングアウト引き分け。
アントニオ猪木 1979/11/30 徳島
79/12/06、東京で、バックランドが猪木をフォールするが、タイガー・ジェット・シンの乱入により、WWF会長の新間寿はノーコンテストと判定。猪木はそれを拒否し、試合後王座返上。
ボブ・バックランド [2] 1979/12/17 NY州ニューヨーク
ボビー・ダンカンを破る。81/10/19、グレッグ・バレンタインとの試合が不明瞭な判定だったため、王座預かり。
ボブ・バックランド [3] 1981/11/23 NY州ニューヨーク
再戦でグレッグ・バレンタインを破る。82/07/04、GA州アトランタでNWA王者リック・フレアーとのダブルタイトルマッチで両者リングアウト引き分け。83年、WWFのNWA脱退により、世界王座に認定。
アイアン・シーク 1983/12/26 NY州ニューヨーク
バックランドのマネージャー、アーノルド・スコーランドによるタオル投入により勝利。
ハルク・ホーガン 1984/01/23 NY州ニューヨーク
アンドレ・ザ・ジャイアント 1988/02/05 IN州インディアナポリス
ホーガンが三つ目のカウントの前に肩を上げたにも関わらず、レフリーがアンドレの勝利を宣言。
テッド・デビアス # 1988/02/05 IN州インディアナポリス
アンドレから、王座奪取直後に授与される。翌週WWF会長ジャック・タニー による王座空位発表まで、認定される。
ランディ・サベージ 1988/03/27 NJ州アトランティックシティ
テッド・デビアスをトーナメント決勝で破る。
ハルク・ホーガン [2] 1989/04/02 NJ州アトランティックシティ
アルティメット・ウォリアー 1990/04/01 ON州トロント
サージャント・スローター 1991/01/19 FL州マイアミ
ハルク・ホーガン [3] 1991/03/24 CA州ロサンゼルス
ザ・アンダーテーカー 1991/11/27 MI州デトロイト
ハルク・ホーガン [4] 1991/12/03 TX州サンアントニオ
1991/12/04、二試合連続不明瞭な判定で終わるため、王座空位。
リック・フレアー 1992/01/19 NY州オルバニー
ロイヤル・ランブル決勝でシッド・ジャスティスを破る。
ランディ・サベージ [2] 1992/04/05 IN州インディアナポリス
リック・フレアー [2] 1992/09/01 PA州ハーシー
ブレット・ハート 1992/10/12 SK州サスカトゥーン
ヨコズナ 1993/04/04 NV州ラスベガス
ハルク・ホーガン [5] 1993/04/04 NV州ラスベガス
ヨコズナのマネージャー、ミスター・フジが試合直後ホーガンに挑戦。
ヨコズナ [2] 1993/06/13 OH州デイトン
ブレット・ハート [2] 1994/03/20 NY州ニューヨーク
ボブ・バックランド [4] 1994/11/23 TX州サンアントニオ
ディーゼル (ケビン・ナッシュ) 1994/11/26 NY州ニューヨーク
ブレット・ハート [3] 1995/11/19 MD州ランドーバー
ショーン・ マイケルズ 1996/03/31 CA州アナハイム
サイコ・シッド 1996/11/17 NY州ニューヨーク
ショーン・ マイケルズ [2] 1997/01/19 TX州サンアントニオ
1997/02/13、膝の負傷により空位。
ブレット・ハート [4] 1997/02/16 TN州チャタヌーガ
4ウェイ戦で、アンダーテーカー、スティーブ・オースティン、ベイダーを破る。
サイコ・シッド [2] 1997/02/17 TN州ナッシュビル
ザ・アンダーテーカー [2] 1997/03/23 IL州ローズモント
ブレット・ハート [5] 1997/08/03 NJ州イースト・ラザーフォード
ショーン・ マイケルズ [3] 1997/11/09 QC州モントリオール
試合途中、突然レフリーがマイケルズ勝利を宣言。
スティーブ・ オースティン 1998/03/29 MA州ボストン
ケイン (グレン・ジャコブス) 1998/06/28 PA州ピッツバーグ
スティーブ・ オースティン [2] 1998/06/29 OH州クリーブランド
1998/09/27、ON州ハミルトンでの3ウェイ戦で、アンダーテーカーとケインが同時にオースティンをフォールしたため空位。
ロッキー・メイビア 1998/11/15 MO州セントルイス
13参加トーナメント決勝でマンカインドを破る。
マンカインド 1998/12/29 MA州ウースター
ロッキー・メイビア [2] 1999/01/24 CA州アナハイム
マンカインド [2] 1999/01/26 AZ州トゥーソン
ロッキー・メイビア [3] 1999/02/15 AL州バーミンガム
スティーブ・ オースティン [3] 1999/03/28 PA州フィラデルフィア
ザ・アンダーテーカー [3] 1999/05/23 MO州カンザスシティ
スティーブ・ オースティン [4] 1999/06/28 NC州シャーロット
マンカインド [3] 1999/08/22 MN州ミネアポリス
ハンター・ハースト・ヘルムスリーも参加の3ウェイ戦でオースティンをフォール。
ハンター・ハースト・ヘルムスリー 1999/08/23 IA州エイムス
ビンス・マクマホン 1999/09/14 NV州ラスベガス
1999/09/20返上。
ハンター・ハースト・ヘルムスリー [2] 1999/09/26 NC州シャーロット
6ウェイ戦で、ロッキー・メイビア、ケイン、マンカインド、ブリティッシュ・ブルドッグ、ビッグ・ショーを破る。
ビッグ・ショー (ポール・ワイト) 1999/11/14 MI州デトロイト
3ウェイ戦でヘルムスリーとザ・ロックを破る。
ハンター・ハースト・ヘルムスリー [3] 2000/01/03 FL州マイアミ
00/04/17がクリス・ジェリコ奪取するが、レフリーのカウントが早かったとして、同日判定変更。
"ザ・ ロック" ロッキー・メイビア [4] 2000/04/30 ワシントンDC
ハンター・ハースト・ヘルムスリー [4] 2000/05/21 Ky州ルイビル
ザ・ロック [5] 2000/06/25 MA州ボストン
6人タッグ戦でケイン & アンダーテーカーと組み、ビンス・マクマホン & シェーン・マクマホン & トリプルHに勝利。
カート・ アングル 2000/10/22 NY州オルバニー
ザ・ロック [6] 2001/02/25 NV州ラスベガス
スティーブ・ オースティン [5] 2001/04/01 TX州ヒューストン
カート・ アングル [2] 2001/09/23 PA州ピッツバーグ
スティーブ・ オースティン [6] 2001/10/08 IN州インディアナポリス
クリス・ジェリコ 2001/12/09 CA州サンディエゴ
王座統一トーナメントでザ・ロックを破り、WCW世界ヘビー級王座,奪取、決勝でオースティンを破り、『WWF統一王者』に認定。
ハンター・ハースト・ヘルムスリー [5] 2002/03/17 ON州トロント
ハルク・ホーガン [6] 2002/04/21 MO州カンザスシティ
ザ・アンダーテーカー [4] 2002/05/19 TN州ナッシュビル
『WWE統一王座』に改称。
ザ・ロック [7] 2002/07/21 MI州デトロイト
3ウェイ戦でザ・アンダーテーカーとカート・アングルを破る。
ブロック・レスナー 2002/08/25 NY州ユニオンデール
レスナーがSmackdown!専属となったため、『WWE王座』に改称。
ビッグ・ショー [2] 2002/11/17 NY州ニューヨーク
カート・ アングル [3] 2002/12/15 FL州フォートローダーデール
ブロック・レスナー [2] 2003/03/30 WA州シアトル
カート・ アングル [4] 2003/07/27 CO州デンバー
3ウェイ戦でレスナーとビッグ・ショーを破る。
ブロック・レスナー [3] 2003/09/16 NC州ローリー
60分アイアンマン・マッチに勝利。
エディ・ゲレロ 2004/02/15 CA州サンフランシスコ
ジョン・ブラッドショー・レイフィールド 2004/06/27 VA州ノーフォーク
ジョン・シナ 2005/04/03 CA州ロサンゼルス
05/06、RAWに移動。
エッジ 2006/01/08 NY州オルバニー
ジョン・シナ [2] 2006/01/29 FL州マイアミ
ロブ・ヴァン・ダム 2006/06/11 NY州ニューヨーク
エッジ [2] 2006/07/03 PA州フィラデルフィア
3ウェイ戦でヴァン・ダムとジョン・シナを破る。
ジョン・シナ [3] 2006/09/17 ON州トロント
07/10/02、前夜の試合での負傷により、ビンス・マクマホンが王座空位を発表。
ランディ・オートン 2007/10/07 IL州シカゴ
ビンス・マクマホンから授与。
トリプルH / ハンター・ハースト・ヘルムスリー [6] 2007/10/07 IL州シカゴ
ランディ・オートン [2] 2007/10/07 IL州シカゴ
トリプルH [7] 2008/04/27 MD州ボルティモア
4ウェイ戦でオートン、ジョン・シナ、ジョン・ブラッドショー・レイフィールドを破る。
ジェフ・ハーディ # 2008/09/07 OH州クリーブランド
時間内にフォールを取った選手が暫定王者になるというルールの『チャンピオンシップ・スクランブル』でブライアン・ケンドリックをフォール。
ブライアン・ケンドリック # 2008/09/07 OH州クリーブランド
『チャンピオンシップ・スクランブル』でハーディをフォール。
トリプルH # 2008/09/07 OH州クリーブランド
『チャンピオンシップ・スクランブル』でケンドリックをフォール。
ジェフ・ハーディ # 2008/09/07 OH州クリーブランド
『チャンピオンシップ・スクランブル』でMVPをフォール。
トリプルH # 2008/09/07 OH州クリーブランド
『チャンピオンシップ・スクランブル』でケンドリックをフォール。
ジェフ・ハーディ # 2008/09/07 OH州クリーブランド
『チャンピオンシップ・スクランブル』でケンドリックをフォール。
トリプルH # 2008/09/07 OH州クリーブランド
『チャンピオンシップ・スクランブル』でMVPをフォールし、王座防衛。
エッジ [3] 2008/11/23 MA州ボストン
3ウェイ戦でトリプルHとブラディミール・コズロフを破る。
ジェフ・ハーディ 2008/12/14 NY州バッファロー
3ウェイ戦でエッジとトリプルHを破る。
エッジ [4] 2009/01/25 MI州デトロイト
トリプルH [8] 2009/02/15 WA州シアトル
イリミネーション・チャンバー・マッチで、エッジ、ジェフ・ハーディ、ブラディミール・コズロフ、ザ・アンダーテーカー、ビッグ・ショーを破る。
ランディ・オートン [3] 2009/04/26 RI州プロビデンス
6人タッグ戦で、コディ・ローデス & テッド・デビアス・ジュニアと組み、トリプルH & バティスタ & シェーン・マクマホン組を破る。
バティスタ 2009/06/07 LA州ニューオリンズ
09/06/09、負傷のため空位。
ランディ・オートン [4] 2009/06/15 NC州シャーロット
4ウェイ戦で、トリプルH、ジョン・シナ、ビッグ・ショーを破る。
ジョン・シナ [4] 2009/09/13 QC州モントリオール
ランディ・オートン [5] 2009/10/04 NJ州ニューアーク
ジョン・シナ [5] 2009/10/24 PA州ピッツバーグ
シェイマス 2009/12/13 TX州サンアントニオ
ジョン・シナ [6] 2010/02/21 MO州セントルイス
イリミネーション・チャンバー・マッチで、シェイマス、トリプルH, ランディ・オートン, テッド・デビアス・ジュニア、コフィ・キングストンを破る。
バティスタ [2] 2010/02/21 MO州セントルイス
ジョン・シナ [7] 2010/03/28 AZ州フェニックス
シェイマス [2] 2010/06/20 NY州ユニオンデール
4ウェイ戦で、シナ、ランディ・オートン、エッジを破る。
ランディ・オートン [6] 2010/09/19 IL州ローズモント
6人参加イリミネーション戦で、シェイマス、ウェード・バレット、エッジ、ジョン・シナ、クリス・ジェリコを破る。
ザ・ミズ (マイク・ミザニン) 2010/11/22 FL州オーランド
オートンがウェード・バレットを相手に王座防衛した直後に、『マネー・イン・ザ・バンク』(何時どの王座にでも挑戦できる権利)を使用。
ジョン・シナ [8] 2011/05/01 FL州タンパ
3ウェイ戦でミズとジョン・モリソンを破る。
C・M・パンク 2011/07/17 IL州シカゴ
この日WWEとの契約切れ、ベルトを持ったまま『退団』。11/07/18、ビンス・マクマホンは王座空位を発表。
レイ・ミステリオ・ジュニア 2011/07/25 VA州ハンプトン
8人参加王座決定トーナメントでザ・ミズを破る。
ジョン・シナ [9] 2011/07/25 VA州ハンプトン
同日、WWE新COOトリプルHがC・M・パンクと再契約、11/08/01にシナとパンクの両方が王者であると発表。
11/08/14、CA州ロサンゼルスでシナを破る。
アルベルト・デル・リオ (ドス・カラス・ジュニア) 2011/08/14 CA州ロサンゼルス
『マネー・イン・ザ・バンク』(何時どの王座にでも挑戦できる権利)を使用。
ジョン・シナ [10] 2011/09/18 NY州バッファロー
アルベルト・デル・リオ [2] 2011/10/02 LA州ニューオリンズ
3ウェイ戦でシナとC・M・パンクを破る。
C・M・パンク [2] 2011/11/20 NY州ニューヨーク
ザ・ロック [8] 2013/01/27 AZ州フェニックス
ジョン・シナ [11] 2013/04/07 NJ州イーストラザフォード
ダニエル・ブライアン (ブライアン・ダニエルソン) 2013/08/18 CA州ロサンゼルス
ランディ・オートン [7] 2013/08/18 CA州ロサンゼルス
『マネー・イン・ザ・バンク』(何時どの王座にでも挑戦できる権利)を使用。
ダニエル・ブライアン [2] 2013/09/15 OH州クリ―ヴランド
レフリーによる高速カウント。翌日、王座預かり。
ランディ・オートン [8] 2013/10/27 FL州マイアミ
ダニエル・ブライアンを破る。13/12/15にはTX州ヒューストンでジョン・シナを破り、世界ヘビー級王座を統一。
ダニエル・ブライアン [3] 2014/04/06 LA州ニューオリンズ
3ウェイ戦でオートンとバティスタを破る。14/06/09、首負傷により空位。
ジョン・シナ [12] 2014/06/29 MA州ボストン
ラダーマッチで、セサロ、アルベルト・デル・リオ、ブレイ・ワイアット、ケイン、ランディ・オートン、ローマン・レインズ、シェイマスを破る。
ブロック・レスナー [4] 2014/08/14 CA州ロサンゼルス



ArisuWeb.com - discount domain names

 


情報提供者の皆様 にお礼申し上げます。

Copyright © 1995-2014 Puroresu Dojo. Privacy Policy

Site hosted by Arisu Communications.