※※※ このサイトに掲載されている情報を、他のサイトに転載される場合は、このサイトのトップページへのリンクと情報提供者一覧へのリンクを転載してください。また、ウェブサイト以外の出版物に転載される場合、サイト名『プロレス選手権変遷史』とURL(http://www.wrestling-titles.com/)を記載してください。※※※

ホーム > 世界選手権 >

[ 記号説明 ] [ 州略号 ]

最終更新: 2012/06/05


統一世界ヘビー級選手権
[北アメリカ]


ゲオルグ・ハッケンシュミット
vs.
フランク・ゴッチ
1908年4月3日
イリノイ州シカゴ

[ English ]

  フランク・ゴッチを初代世界王者にしている資料は、相変わらず日本でもアメリカでも多い。これは、戦後発足したNWAが色々歴史を書き換えて作った『公式』の資料にそう記載されているからであって、実際には、フランク・ゴッチはゲオルグ・ハッケンシュミットを破り、世界選手権を奪取したというのが正確。それ以前にヨーロッパ各地で世界選手権を総なめにしたハッケンシュミットは、アメリカ選手権者のトム・ジェンキンズを破り、既に北米でも世界王者に認定されていた。
  また、その『公式』資料にはフレッド・ビールが一度ゴッチから王座奪取しているとあるが、これは世界選手権ではなく、ゴッチがハッケンシュミット戦まで保持していた米国選手権で、ハッケンシュミット戦よりも前の試合。

ゲオルグ・ハッケンシュミット 1905/05/04 NY州ニューヨーク
日本での表記はジョージ・ハッケンシュミット。1901年、ウィーン(オーストリア)とパリ(フランス)で世界選手権トーナメントに優勝。1904/02/09にリヴァプール(イギリス)でトム・キャノンからヨーロッパ・グレコローマン選手権を奪取。04/01/30、ロンドンでアーメッド・マドラリを破りイギリスでも世界王者に認定。05/05/04、NY州ニューヨークで米国王者トム・ジェンキンズをも破り、北米でも世界王者に認定される。
フランク・ゴッチ 1908/04/03 IL州シカゴ
ハッケンシュミットが選手権試合を途中で放棄。12年8月、王者のまま引退。14年、王座決定戦に、アメリカスとフレッド・ビールを推薦。
アメリカス (ガス・ショーンライン) 1914/03/13 MO州カンザスシティ
フランク・ゴッチ推薦の決定戦でフレッド・ビールを破る。
スタニスラウス・ズビスコ 1914/05/07 MO州カンザスシティ
14年10月以前に米国を出国。20年に再入国し、翌年21/05/06NY州ニューヨークでエド・ストラングラー・ルイスを破り再び世界王座奪取(下記参照)。
チャーリー・カトラー 1915/01/08
13/07/04以来の選手権主張者B・F・ローラーを破る。15/02/21以降、フランク・ゴッチが保持していた王座を主張。少なくともオマハ、デモイン、シカゴ、ニューヨークで認定される。
ジョー・ステッカー 1915/07/05 NE州オマハ
チャーリー・カトラーをフランク・ゴッチの観戦する前で破る。
ジョン・オリン # 1916/12/11 MA州スプリングフィールド
試合中、動こうとしないオリンに対してステッカーが試合放棄。当初は王座を主張せず。
アール・キャドック 1917/04/09 NE州オマハ
ステッカーに勝利。
エド・ストラングラー・ルイス # 1917/05/02 IL州シカゴ
フランク・ゴッチがレフリーを務める中、世界選手権試合でジョン・オリンに勝利。
ウラデック・ズビスコ # 1917/06/05 CA州サンフランシスコ
ノンタイトル戦だが、三本勝負のうち一本のみで勝利したにも関わらず王座を主張。
エド・ストラングラー・ルイス [2] # 1917/07/04 MA州ボストン
17/12/22、NY州ニューヨークで開催された国際トーナメント結晶で、ウラデック・ズビスコがルイスを破り、王座を主張。ルイスも引き続き王座を主張。
18/02/08にはIA州デモインでズビスコにも勝利。ズビスコはその後も多地区で王座を主張するが、18/05/19、ニューヨークでルイスに敗れる。キャドックは18/06/21、IA州デモインでルイスに勝利。
ウラデック・ズビスコ [2] # 1919/03/21 NY州ニューヨーク
ルイスを破り、ジョン・オリン以来の王座を奪取。
ジョー・ステッカー # 1919/05/09 KY州ルイビル
その後、キャドックを破り、王座統一。
ジョー・ステッカーが、19/12頃NY州ユティカでキャドックから王座奪取したと主張するが、実際の試合はキャドック王座脱落後の21/01/14。
ジョー・ステッカー [2] 1920/01/30 NY州ニューヨーク
エド・ストラングラー・ルイス [3] 1920/12/13 NY州ニューヨーク
スタニスラウス・ズビスコ [2] 1921/05/06 NY州ニューヨーク
エド・ストラングラー・ルイス [4] 1922/03/03 KS州ウィチタ
ウェイン・マン 1925/01/08 カンザスシティ
スタニスラウス・ズビスコ [3] 1925/04/15 PA州フィラデルフィア
ミシガン・イリノイ地区では引き続きマンを認定。
ジョー・ステッカー [3] 1925/05/30 MO州セントルイス
エド・ストラングラー・ルイス [5] 1928/02/20 MO州セントルイス
28/02/02、インディアナ州ミシガンシティでウエイン・マンを破りミシガン・イリノイ版王座奪取。この日主流派と統一。
ガス・ソネンバーグ 1929/01/04 MA州ボストン
NY州、PA州、IL州を含む20以上の体育協会は29年7月、「適格な」挑戦者に対して防衛を行っていないことを理由に王座剥奪を発表するが、ソネンバーグは引き続き防衛戦を行う。 30/01、NBA(ナショナル・ボクシング・アソシエーション)レスリング部から王座決定トーナメントへの出場を依頼されるが拒否。
エド・ダン・ジョージ 1930/12/10 CA州ロサンゼルス
ソネンバーグを破る。
エド・ストラングラー・ルイス [6] 1931/04/13 CA州ロサンゼルス
31/05/04、モントリオールでヘンリー・デグレーンに反則負けで敗れ AWA(ボストン)王座を 失うが、CA州では引き続き王者に認定される。31/11/02、IL州シカゴで選手権主張者ウラデック・ズビスコを破り、IL州でも認定。32/10/10/32、ニューヨークでジャック・シェリーを破りNY州体育協会世界王座奪取。


この期間の主要分派

ダノ・オマホニー 1935/06/27 MA州ボストン
35/06/27、MA州ボストンでニューヨーク州体育協会NWA(アソシエーション)統一王者ジム・ロンドスを破った後、35/07/30、MA州ボストンでAWA王者エド・ドン・ジョージを破り統一世界王者となる。
ディック・シカット 1936/03/02 NY州ニューヨーク
AWA(ボストン)では引き続きオマホニーを認定。
アリ・ババ 1936/04/25 MI州デトロイト
デーヴ・レビン 1936/06/12 NJ州ニューアーク
反則勝ち。ババは引き続き王座を主張するが、36/06/26、OH州コロンバスでエベレット・マーシャルに敗れる。
ディーン・デットン 1936/09/28 PA州フィラデルフィア
これ以前にPA州フィラデルフィアでエド・ストラングラー・ルイスを破りトーナメント優勝。
ブロンコ・ナグルスキー 1937/06/29 MN州ミネアポリス
The Ring 誌では真の世界王者として紹介される。
ジム・ロンドス 1938/11/18 PA州フィラデルフィア
46年引退。


この期間の主要分派

ルー・テーズ
以下の各世界王座奪取により統一世界ヘビー級王者となる (ヨーロッパを除く) :
ホイッパー・ビリー・ワトソン 1956/03/15 ON州トロント
リングアウト勝ち。
ルー・テーズ [2] 1956/11/09 MO州セントルイス
57/06/14、IL州シカゴでエドワード・カーペンティア戦で負傷による試合放棄のため王座移動。57/07/24、モントリオールでの再戦でカーペンティアに反則勝ちするが、NWAは引き続きカーペンティアを認定。その後カーペンティアのマネージャーでモントリオールのプロモーター、エディ・クインがNWAを脱退したため、NWAはカーペンティアの王座を全て無効にし、57年、再びテーズを認定。カーペンティアはその後もオマハ(後にガニアのAWAに統一)やボストンロサンゼルスNAWA(後のWWA)などで世界王者に認定される。

テーズ・カーペンティア戦後の分派


関連記事


現存の世界選手権

アメリカ&カナダ

日本

メキシコ


過去の主要世界選手権



ArisuWeb.com - discount domain names

 


情報提供者の皆様 にお礼申し上げます。

Copyright © 1995-2014 Puroresu Dojo. Privacy Policy

Site hosted by Arisu Communications.