[ 記号説明 ]
facebook


※※※ このサイトに掲載されている情報を、他のサイトに転載される場合は、このサイトのトップページへのリンクと情報提供者一覧へのリンクを転載してください。また、ウェブサイト以外の出版物に転載される場合、サイト名『プロレス選手権変遷史』とURL(http://www.wrestling-titles.com/)を記載してください。※※※

ホーム > NWA > アメリカ合衆国 > セントラルステーツ > アイオワ

[ English ]
ナショナル・レスリング・アライアンス [アイオワ版]
(
1930年代? - 1948/07 )
ナショナル・レスリング・アライアンス [アイオワ地区]
(
1948/07 - 1959/03 )

プロモーター: エイブ・フランクス (1935< - 1940/06)
アレン・マン (1940/06 - 1940年代後期?)
ピンキー・ジョージ (1931/02< - 1960年代)

 1930年代の終り頃から、アイオワ州デモインの実業家ポール・ジョージ(通称『ピンキー』)は、ボストンAWA世界王者モーリス・ティレ、NWA(アソシエーション)世界王者サンダー・ザボー、カンザスシティMWA世界王者オービル・ブラウンなど、各世界王者を招いてプロレス興行を主催していた。その後、セントルイスのトム・パックスが独占していたこともあり、NWA(アソシエーション)世界王者の招聘が困難になり、1943年6月、カンザス版NWA王者エド・ヴィラグを招いた頃から、『ナショナル・レスリング・アライアンス』の名を使い始める。
 1944年、MWA王者オービル・ブラウンがNWA王者としてアイオワ地区でも定着。カンザスシティのプロモーターでもあったブラウン、そしてミネアポリスのトニー・ステッカーやオマハのマックス・クレイトンらと共同路線を張ることになる。これに、セントルイスでパックス(後にルー・テーズ)と興行戦争をしていたサム・マソニックやオハイオのアル・ハフト、デトロイトのハリー・ライト、シカゴのフレッド・コーラーが加わり、1948年夏、後に世界最大勢力となる『ナショナル・レスリング・アライアンス』が発足する。
 だが、創始者のピンキー・ジョージ本人は、NWAを中西部のプロモーター達の連合程度としか考えてなく、そのNWAも巨大化し過ぎ、当初は強力なパートナーだったマソニックとの関係も悪化し、1959年にはNWAを脱退。1960年代もカンザスシティのオービル・ブラウンと協力しながらプロレスの興行を続けていたが、NWAセントラル・ステート地区の『妨害』にも合い、独禁法違反としてNWAを訴えた。その後は、1980年代初期までボクシングのプロモーターとして活躍していた。


世界選手権


アイオワ州選手権


関連リンク




ArisuWeb.com - discount domain names