※※※ このサイトに掲載されている情報を、他のサイトに転載される場合は、このサイトのトップページへのリンクと情報提供者一覧へのリンクを転載してください。また、ウェブサイト以外の出版物に転載される場合、サイト名『プロレス選手権変遷史』とURL(http://www.wrestling-titles.com/)を記載してください。※※※

ホーム > 日本 / 韓国 > 日本プロレス / 全日本 >

[ 記号説明 ] [ 州略号 ]


アジア・ヘビー級選手権

[ English ]

力道山 1955/11/22 東京
トーナメント決勝で香港代表キング・コングを破る。63/12/15、力道山の死により王座空位。
大木金太郎 1968/11/09 ソウル(韓国)
決定戦でバディ・オースティンを破る。
ビル・ドロモ 1971/01/15 徳山
大木金太郎 [2] 1971/02/02 広島
73年、日本プロレス閉鎖以降防衛戦が行なわれていなかったが、76年に新日本プロレスが王座決定シリーズを発表した際、それに対抗し、全日本プロレスも日本プロレスから続くものとして王座復活を発表。76/09/24、大宮でのワルドー・フォン・エリック戦後、王座預かり。
大木金太郎 [3] 1976/10/21 福島
再戦でワルドー・フォン・エリックを破る。
ジャイアント馬場 1977/10/29 黒磯
81/04/13、大木がインターナショナル王座をNWAの勧告により返上した際、馬場もアジア王座を返上。
大木金太郎 [4] 1981 韓国
80年代中期からは試合をしなかったが、2004/02/95、正式に引退し、王座封印。



ArisuWeb.com - discount domain names

 


情報提供者の皆様 にお礼申し上げます。

Copyright © 2003-2012 Puroresu Dojo. Privacy Policy

Site hosted by Arisu Communications.