※※※ このサイトに掲載されている情報を、他のサイトに転載される場合は、このサイトのトップページへのリンクと情報提供者一覧へのリンクを転載してください。また、ウェブサイト以外の出版物に転載される場合、サイト名『プロレス選手権変遷史』とURL(http://www.wrestling-titles.com/)を記載してください。※※※

ホーム > NWA > 北米ヘビー級選手権 > アメリカ合衆国 > テキサス > 州西部 >

[ 記号説明 ] [ 州略号 ]

最終更新: 2014/04/08


NWA北米ヘビー級選手権
[テキサス西部版]

[ English ]

ジム・ライト 1956/12/31<
ディジー・デービス1957/01/03TX州アマリロ
ドリー・ファンク1957/01/31TX州アマリロ
グレート・ボロ1957/02/07TX州アマリロ
57/02/14、TX州アマリロでドリー・ファンクを破り南西部選手権も奪取。
ドリー・ファンク [2] 1957/02/28TX州アマリロ
両王座奪取。
ロイ・シャイアー1957/04/11TX州アマリロ
ドン・カーティス1957/05<
57/04/18以降(正式な日付は不明)。
ボブ・ガイゲル 1957/05/09TX州アマリロ
マイク・デビアス 1957/08/15 TX州アマリロ
57/09/26、TX州アマリロでの対ドリー・ファンク戦後王座預かり。57/10/03、アマリロで行なわれたリマッチは時間切れ引き分けに終わるが、この試合でファンクが負傷、王座は空位。
ドリー・ファンク [3] 1957/10/24 TX州アマリロ
トーナメント予選でマイク・デビアスに勝利、決勝でレオ・ガリバルディを破る。57/12/05、TX州アマリロで、マイク・デビアスがファンクを出血多量によるレフリーストップで破るが、判定により王座奪取にはならず。
バディ・ロジャース1958/01/23TX州アマリロ
ドリー・ファンク [4] 1958/04/03TX州アマリロ
58/06/05の世界ジュニアヘビー級選手権奪取にともない、58/06/12に北米王座を返上。
マイティ・ゾロ 1958/06/19 TX州アマリロ
トーナメント決勝でドン・カーティスを破る。
マイク・デビアス [2] 1958/07/17 TX州アマリロ
リッキー・ロメロ 1958/08/13 TX州ラボック
マイク・デビアス [3] 1958/12/10 TX州ラボック
ドリー・ファンク [5] 1959/01/29TX州アマリロ
ニック・ロバーツ 1959/05/28TX州アマリロ
ドリー・ファンク [6] 1959/06/04 TX州アマリロ
アントン・レオーネ1959/08/13TX州アマリロ
ドリー・ファンク [7] 1959/12/03TX州アマリロ
60/01、負傷のため返上。
ロック・ハンター 1960/01/14 TX州アマリロ
60/01/07開始のトーナメント決勝でディック・ハットンを破る。
サニー・マイヤース1960/01/21TX州アマリロ
ジン・ラベール1960/03/17TX州アマリロ
60/04/06、TX州ラボックでリッキー・ロメロがラベールを破るが、後に王座移動は無効、王座空位。
マイク・デビアス [4] 1960/07/27 TX州ラボック
60/07/20、ラボックでのトーナメント決勝でニック・ロバーツと無効試合、翌週再戦で勝利。
パンチョ・ロペス (ロレンゾ・パレンテ) 1960/09/21 TX州ラボック
マイク・デビアス [6]1960/10/27TX州アマリロ
パンチョ・ロペス [2]1960/11/17TX州アマリロ
ニキタ・マルコビッチ1960/11/24TX州アマリロ
ドリー・ファンク [8] 1961/03/16TX州アマリロ
ダニー・マクシェーン 1961/06/22TX州アマリロ
ドリー・ファンク [9] 1961/07/13TX州アマリロ
フリッツ・フォン・エリック 1962/04/26TX州アマリロ
ドリー・ファンク [10] 1962/06/07TX州アマリロ
62/09/05、TX州ラボックでフリッツ・フォン・エリックがファンクを破るが、後に判定変更で王座預かり。62/09/27の再戦は両者反則に終わり、引き続き王座預かり。
ドリー・ファンク [11] 1962/11/01 TX州アマリロ
再戦に勝利。62年、王座空位。
ドリー・ファンク [12] 1963/01/16TX州ラボック
トーナメント決勝でジン・キニスキーを破る。
スプートニク・モンロー1963/04/23TX州オデッサ
ドリー・ファンク [13] 1963/05/16 TX州アマリロ
ザ・シーク 1963/10/10 TX州アマリロ
ドリー・ファンク [14] 1964/04/16 TX州アマリロ
フリッツ・フォン・エリック [2] 1964/07/23TX州アマリロ
ドリー・ファンク [15] 1964/07/30 TX州アマリロ
65/01/14、TX州アマリロで、ジョニー・バレンタインがファンクを、出血多量の裁定で破るが、ファンクが王座を保持。NWAは再戦を要請。
ジョニー・バレンタイン1965/02/10TX州ラボック
再戦でバレンタインを破る。
ドリー・ファンク・ジュニア 1965/02/18TX州アマリロ
65/03、オーストラリア遠征のため返上。
ジョニー・バレンタイン [2] 1965/03/17TX州ラボック
4人参加ワンナイトトーナメント決勝でドン・カーティスを破る。65/05/13、TX州アマリロで予定されていた防衛戦に参加できないため王座空位。
ドリー・ファンク [16] 1965/05/13 TX州アマリロ
ジョー・スカルパを破る。65/08/16以降、交通事故による負傷のため王座返上(正確な日付は不明)。
ドン・マクラーティ 1965/10/07 TX州アマリロ
8人参加ワンナイトトーナメント決勝でダグ・ギルバートを破る。
マイク・デビアス [6] 1965/10/14<
ドン・マクラーティ [2] 1965/10/26<
マイク・デビアス [7] 1965/11
65/11/03から65/11/10のある時点(正確な日付は不明)。
リッキー・ロメロ [2] 1965/11/11 TX州アマリロ
ダッチ・サベージ 1966/01/12 TX州ラボック
リッキー・ロメロ [3] 1966/01/19 TX州ラボック
マイク・デビアス [8] 1966/02/23 TX州ラボック
ドリー・ファンク [17] 1966/03/10 TX州アマリロ
ディック・スタインボーン 1966/11/24 TX州アマリロ
ドリー・ファンク [18] 1967/01/12 TX州アマリロ
67/01王座空位。
ディック・スタインボーン [2] 1967/01/19 TX州アマリロ
4人参加ワンナイトトーナメント決勝でパット・オコーナーを破る。
ザ・ローマン (ドン・スラットン) 1967/02/20 TX州アビリーン
ディック・スタインボーン [3] 1967/04<
67/03/06以降(正確な日付は不明)。67/04/26、TX州ラボックでのドリー・ファンク・ジュニア戦がノーコンテストのため王座預かり。
ドリー・ファンク・ジュニア 1967/05/03 TX州ラボック
再戦で勝利。
ザ・メディク1号 1967/05/24 TX州ラボック
ドリー・ファンク・ジュニア [2] 1967/05/31 TX州ラボック
キンジ渋谷1967/06/29TX州アマリロ
ドリー・ファンク [19] 1967/08/31 TX州アマリロ
68/04/08、TX州エルパソでのスプートニク・モンロー戦後王座預かり。
ドリー・ファンク [20] 1968/04/18 TX州アマリロ
再戦で勝利。
クラブフット・インフェルノ1968/08/08TX州アマリロ
ドリー・ファンク [21] 1968/09/05TX州アマリロ
68/10、パット・パターソンとザ・インフェルノスによる攻撃で負傷のため王座返上。
パット・パターソン 1968/10/24TX州アマリロ
4人参加ワンナイトトーナメント決勝でパット・オコーナーを破る。68/11/19の時点でも保持。
バディ・コルト 1969/01/06< FL州 *
ドリー・ファンク [22] 1969/06/12TX州アマリロ
69/08/01から69/10/08の間のある時点でウェスタンステーツ選手権に改称 (正確な日付は不明)。

ウェスタンステーツ・ヘビー級選手権を参照。



ArisuWeb.com - discount domain names

 


情報提供者の皆様 にお礼申し上げます。

Copyright © 2003-2012 Puroresu Dojo. Privacy Policy

Site hosted by Arisu Communications.