※※※ このサイトに掲載されている情報を、他のサイトに転載される場合は、このサイトのトップページへのリンクと情報提供者一覧へのリンクを転載してください。また、ウェブサイト以外の出版物に転載される場合、サイト名『プロレス選手権変遷史』とURL(http://www.wrestling-titles.com/)を記載してください。※※※

ホーム > 日本 > 新日本 >

[ 記号説明 ] [ 州略号 ]


インターナショナル・レスリング・グランプリ
ジュニアヘビー級選手権
(2014/11/08現在)

[ English ]

越中詩郎 1986/02/06 東京
9人参加初代王座決定トーナメント決勝でザ・コブラを破る。コブラは前年、NWA世界WWFの両ジュニアヘビー級選手権を返上。
高田延彦 1986/05/19 東京
越中詩郎 [2] 1986/09/19 福岡
87/08/02、足負傷のため王座空位。
小林邦昭 1987/08/20 東京
8人参加トーナメント決勝で高田延彦を破る。
馳 浩 1987/12/27 東京
オーエン・ハート 1988/05/27 仙台
越中詩郎 [3] 1988/06/24 大阪
馳 浩 [2] 1989/03/16 横浜
獣神ライガー 1989/05/25 大阪
佐野直喜 1989/08/10 東京
獣神サンダー・ライガー [2] 1990/01/31 大阪
ペガサス・キッド (クリス・ベノワ) 1990/08/19 東京
獣神サンダー・ライガー [3] 1990/11/01 東京
91/04/15、トップ・オブ・ザ・スーパー・ジュニア開催のため王座返上。
保永昇男 1991/04/30 東京
7人参加トップ・オブ・ザ・スーパー・ジュニア決勝で獣神サンダー・ライガーを破る。
獣神サンダー・ライガー [4] 1991/06/12 東京
野上 彰 1991/08/09 東京
保永昇男 [2] 1991/11/05 東京
獣神サンダー・ライガー [5] 1992/02/08 札幌
エル・サムライ 1992/06/26 東京
ウルティモ・ドラゴン 1992/11/22 東京
獣神サンダー・ライガー [6] 1993/01/04 東京
94/09/24、ライガー足負傷のため、王座空位。
保永昇男 [3] 1994/09/27 大阪
6人参加トーナメント決勝でワイルド・ペガサスを破る。
金本浩二 1995/02/19 東京
サブゥ 1995/05/03 福岡
金本浩二 [2] 1995/06/14 東京
獣神サンダー・ライガー [7] 1996/01/04 東京
グレート・サスケ 1996/04/29 東京
96/08/05、東京で行われた、八冠統一J-CROWNトーナメント決勝でウルティモ・ドラゴンを破り優勝。
ウルティモ・ドラゴン [2] 1996/10/11 大阪
獣神サンダー・ライガー [8] 1997/01/04 東京
97/06/06、東京で安良岡祐二に敗れインターナショナル選手権を失うが、他の七冠は保持。
エル・サムライ [2] 1997/07/06 札幌
大谷晋二郎 1997/08/10 名古屋
WWFが、新王者認定トーナメント開催を理由に、WWF世界ライトヘビー級選手権の返上を要請。大谷は、97/11/05付でIWGP以外の六王座返上。98/01/04、東京でWCW世界クルーザー級 王者ウルティモ・ドラゴンを破る (IWGPのみの選手権試合のため、WCW王座の移動はなし)。
獣神サンダー・ライガー [9] 1998/02/07 札幌
金本浩二 [3] 1999/03/17 広島
ケンドー・カシン (石澤常光) 1999/08/28 東京
獣神サンダー・ライガー [10] 1999/10/11 東京
フベントゥ・ゲレーラ 1999/11/29 CO州デンバー
獣神サンダー・ライガー [11] 1999/12/06 WI州ミルウォーキー
ゲレーラ負傷のため、WCWはシコシスとラ・パルカに王座決定戦に出場することを要請するが、試合前シコシスがパルカを攻撃。ライガーがシコシスを破り、王者に認定。
高岩竜一 2000/07/20 札幌
田中 稔 2000/10/29 神戸
成瀬昌由 2001/07/20 札幌
ケンドー・カシン [2] 2001/10/08 東京
02/02、新日本退団のため王座返上。
田中 稔 [2] 2002/02/16 東京
垣原賢人を破る。
金本浩二 [4] 2002/07/19 札幌
タイガーマスク (四代目) 2003/04/23 広島
邪道 2003/10/13 東京
11人参加時間差入場バトルロイヤル決勝で金本浩二を破る。
ヒート (田中 稔) [3] 2003/12/14 名古屋
タイガーマスク [2] 2005/01/04 東京
ブラック・タイガー (リッキー・ロメロ) 2005/10/08 東京
NWA世界王者、ダブルタイトル戦に勝利。
タイガーマスク [3] 2006/02/19 東京
両王座奪取。
金本浩二 [5] 2006/05/03 福岡
IWGP選手権のみ奪取。
(田中 稔) [4] 2006/12/24 東京
田口隆祐 2007/06/06 東京
井上 亘 2007/12/08 大阪
08/06/16、ヘビー級転向のため王座返上。
タイガーマスク [4] 2008/07/08 東京
12人参加トーナメント決勝でプリンス・デヴィットを破る。
ロウ・キー 2008/09/21 神戸
タイガーマスク [5] 2009/01/04 東京
ミスティコ 2009/08/15 東京
タイガーマスク [6] 2009/11/08 東京
丸藤正道 2010/01/04 東京
プリンス・デヴィット 2010/06/19 大阪
飯伏幸太 2011/06/18 大阪
11/09/12、左肩の脱臼により返上。
プリンス・デヴィット [2] 2011/09/18 神戸
決定戦でKUSHIDAを破る。
ロウ・キー [2] 2012/05/03 福岡
飯伏幸太 [2] 2012/07/29 東京
ロウ・キー [3] 2012/10/08 東京
プリンス・デヴィット [3] 2012/11/11 大阪
飯伏幸太 [3] 2014/01/04 東京
KUSHIDA (櫛田雄二郎) 2014/07/04 東京
田口隆祐 [2] 2014/09/21 神戸



ArisuWeb.com - discount domain names